コンテンツ

和式の段差をなくすトイレリフォーム

和式トイレでトイレ内に大きな段差がある場合のトイレリフォームでは、段差をなくすこともできますし、逆に、段差を生かして洋式トイレに変更することもできます。トイレ 水漏れなどが発生したときは、トイレリフォームも含めてプロに相談するようにしましょう。

■和式の段差をなくして洋式トイレに変更

トイレ内の段差をなくして洋式トイレに変更することができます。トイレ内の段差をなくすことのメリットは、小さなお子さまやお年寄りでも安心して利用できることです。
また、段差をなくす工事をする際は、床材を新しく張り替えることになりますので、トイレ内の雰囲気を大きく変えることも可能です。

■和式から洋式トイレに変更する際の注意点

和式トイレから洋式に変更する際の注意点としては、選ぶトイレのタイプによって電気工事が必要になる場合があることです。ウォシュレット機能があるタイプのトイレなどは、コンセントをトイレ内に設置しないと使えません。
トイレと工事費用に加えて電気工事も検討する必要があるので、水周りの専門家に予算を伝えてトイレリフォームのプランを提案してもらいましょう。

■まとめ
トイレ内に段差がある和式トイレの場合は、段差をなくしたり、そのまま残したりするトイレリフォームができます。和式から洋式トイレに変更する際は、水周りの専門家に相談をして、自分の家に合ったいくつかのプランを提案してもらい、予算に合わせて検討しましょう。また、事前に見積もりを取ることも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ